れんず屋総合TOPページ > 眼の健康を守る新素材レンズ 三井化学「UV+420cut™」素材

 目は常に太陽光からのダメージに晒されており、紫外光(UV)から目を守ることの重要性は広く知られています。しかしながら、最近の研究で、400-420nmの短波長光も、眼組織中で最も脆弱な網膜組織にダメージを与え、白内障や加齢黄斑変性の要因となり得ることが指摘されています。この波長光は、従来サングラスでは一部カットされていましたが、一般の視力矯正メガネのレンズでは400nmまでしかカットされていませんでした。「UV+420cut™」は、400-420nmの波長をカットし、目の健康を守る素材です。
 この素材は、東海光学の「ルティーナ」などに使用されています。
 健康を奪う眼疾患には、実にさまざまな種類が存在しています。なかでも、加齢黄斑変性は、身近でありながら恐ろしい眼疾患のひとつ。眼の中にあって、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって、この疾患が引き起こされるという報告があります。
 そのルテインは、緑黄色野菜、とりわけ、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取以外では、体内で産生することができず、眼の健康のために、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。そこでTOKAIは、紫外線をカットするだけではなく「ルテイン」の損傷を防ぐ、からだ想いのケアレンズを開発しました。TOKAIが提案するアイケアデザインが、これからのメガネレンズのスタンダードを創っていきます。

ルティーナについてわかりやすく漫画でご紹介(クリックすると拡大します。)
 波長405nmのブルーレーザーポインターの光りを、「通常の紫外線カットレンズ」「ブルーライトカットコートレンズ」「濃いサングラスレンズ」「ルティーナ」に透してみた動画を撮影しました。通常レンズはもちろん、ブルカットコートレンズでもカットしていない光線を「ルティーナ」はしっかりカットしています!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

現在、最も高機能のメガネレンズ素材
眼の健康を守る三井化学「UV+420cut™」のレンズ価格はコチラ